上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.04 引越
RIMG1455_convert_20100904024107.jpg
日本民藝館で買ったご飯茶碗
RIMG1457_convert_20100904024228.jpg
実家近くのギャラリーで買ってくれたらしいオリジナルデザインのガラス彫刻のコップ

ともに東京にいる頃、ほぼ毎日使っていた大事なもの。
そして、今はともに片割れがいません。
海を渡る間に割れてしまいました

海外引越は、航空便と船便に分けて送ります。
航空便は2週間位で着いて、船便は2カ月位で着きます。
それぞれ量も決まっていて、
最初に着く航空便は5箱位しか送れなかったので、
航空便はキッチン用品を中心にしました。

引越当日、業者の方が5名ほど来てくれて、
お皿を一枚一枚梱包してくれました。
そのときは割れることは全く想定してなかったからなんとも思わなかったけど、
今思えば繊細なものもバブルパックは使わずに全て紙だけで包んでました(-.-)
最小化をはかるためには仕方ないのだと思いますが。

そして送る荷物全てに保険をかけることになっていて、
小物はどの箱に何が入っているのかよくわからなくなってしまい
適当に保険の金額を書いていきました。
(プライスレスなSK作品には有り得ない額を書きました


そして今回この保険が意味をなしてしまったのです。
二枚の破損で3000円の保険金を先日いただきました。

もっと高く書いておけばよかった、という後悔もちょっとありますが(^^)
それよりも、大事なもの、しかもペアで使っていたものが
割れてしまったというのが悲しくて未だにちょびっと引きずってます。
自分でもお皿を割る経験はほとんどないですし。

これに関してちょっと愚痴ったところ(笑)
実家から新しいものが送られてきました。
RIMG1459_convert_20100904024329.jpg
かなりの送料がかかったらしいですが、そのおかげで割れることなく無事届きました。
これもオリジナルで前の物とはデザインが違います。
ありがとうございます
大事に使います。

また帰国の引っ越しのときに同じようなことが起こるのは絶対に避けたいから、
気をつけなきゃ

けど、
業者さんの梱包が雑で見てられなかったから、
大事な物は自分で梱包してしまい、
その自分でやった物が届いたときに割れていたら、
業者が梱包したものじゃないからという理由で保険がおりなかった(!?)
という方の話を聞きました。


いろんな制限があるから無事を祈るしかないのかも(?)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://senlinn.blog96.fc2.com/tb.php/60-3b4760fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。